アレジアント航空は、米国本土、ハワイの間でサービスを中止します

ラスベガスベースのAllegiant空気がハワイにアロハを言うと8月に米国本土とホノルル間のノンストップのサービスを終了します。

会社の代表は、それが正常に一度6年程度発生して、「Dチェック “メンテナンス、航空機が受ける最も徹底的なオーバーホールの費用を引き受けるのではなく、そのボーイング757の艦隊を引退することを従業員月曜日と火曜日に発表しました。

ジュードBricker、計画のAllegiant社の上級副社長は、月曜日に一人で計画について、ホノルルベースのAllegiantの従業員に語りました。これらの従業員は、のAllegiantシステムの他の場所に位置を提供されます。

他の従業員は、タウンホール形式の会議火曜日に言われました。

Allegiantは、最初は小都市でのリゾートコミュニティを結ぶ、その成功の数式を提供し、2012年にハワイに飛んで始まりました。初期の進行で、航空会社は、フレズノとストックトン、カリフォルニア州、ユージーン、鉱石からホノルルへのルートを飛びました;ボイシ、アイダホ州、ラスベガスに加えました。それは最終的には。メサ、アリゾナ州からハワイ便を追加し、ベリンガム、ウォッシュ。、ワシントンボーダーコミュニティからマウイサービスを導入します。

しかし、のAllegiantは同年12月に2014年9月、そのメサ・ホノルルサービスでのベーリングハムのフライトを終了しました。さて、のAllegiantのみラスベガス、ロサンゼルス国際空港からホノルルへ飛びます。

背景に言えば、のAllegiantの幹部は、決定が、それらは、Dチェックを必要とするのに十分な時間を蓄積する際、同社の5双発ボーイング757ジェット機を引退することに達したと述べました。最も厳格な保守イベント考慮、Dのチェックが正常に終了する2ヶ月かかると、本質的に改装するか、部品を交換した離れて航空機全体を取ることを含むことができ、完了するまでに約50,000人の時間を取ります。

むしろ重整備の費用を負担するよりも、会社が事実上使用757sのためのアフターマーケットがないので、飛行機を引退することにしました。

Allegiantハワイサービスを始めたとき、それは、6つの757sを持っていました。一つの面はすでに廃止されました。それらのうちの3つは、労働者の日の休日の前にハワイのサービスを終了する決定につながる第四四半期の初めによるDチェックの原因となります。彼らは飛行サイクルの最後に到達するまで、残りの2つの757sは、ラスベガスからのルートを飛行します。

従業員はハワイに関する悪いニュースを得たとき、彼らは彼らの給料に関するいくつかの良いニュースを得ました。

会議では、従業員は、取締役会は、これまでの同社の収益性の年の結果として、それらにワンタイムボーナスを支払うために投票することを言われました。適格従業員は、彼らが唯一の副大統領のレベル以下に非幹部に行きます2015年のボーナスの第3四半期を通じて支払われた金額の5%を受け取ることになります。

それは$ 40,000年になり、従業員は、約$ 1,500のボーナスを受け取ることになることを意味します。

ボーナスチェックは12月中旬に配信されます。

ラスベガスにある同社の本社のマッカラン国際空港と724で470のAllegiantの従業員があります。システム全体は、2944の従業員があります。このうち、ボーナスの対象にはなりません副社長以上ある19があります。

カテゴリー:オンラインカジノ

Orces UberユーバーとLyftドライバは、ラスベガスでの中小企業のライセンスを取得します

ライド出身の企業のための契約のドライバが動作するにはクラーク郡の事業免許を持っている必要がありますし、自分の会社は、彼らが誰であるかを一覧表示する月次レポートを提供する必要があります。

2満場一致の投票では、手数料は、郡内の交通ネットワークの会社のために駆動するために、年間$ 25のビジネスライセンス料を支払うことにドライバが必要になります条例火曜日を承認しました。

会社は州法に反しとして条例を忌避することができます。

ユーバーの代表者は名前と会社に登録されている各ドライバの識別やドライバ番号を一覧クラーク郡のビジネスライセンス部門に月次レポートを提供するために、企業が必要とする条例のいずれかに要求に反対しました。同社は、ドライバの識別が競合他社が使用できることが機密情報であると言って、要件に反対しました。

投票が行われた前に、ユーバーの職員は、要件が条例から襲われ、要求が、委員は匿名のドライバを維持するためのさまざまな方法を検討した後にそれを維持することを決めました。公的な記録法に基づき、県は、事業免許を保持している人の名前を提供するために必要とされるであろう。

ユーバーの広報担当者は、同社が後退にもかかわらず、南ネバダ州で動作し続けるだろうとの会合後に語りました。彼女はユーバーが戦って行われていない示しました。

「今日(火曜日)、郡は州の法律の下で許可されていない新しい税金や要件を課し、「同社は声明で述べています。 「我々は、競争からタクシー業界の特殊な利益を保護停止クラーク郡の人々に耳を傾け、州法に準拠するために郡を強くお勧めします。」

いくつかのユーバードライバがあるため事業を行うための費用のライセンスを必要としない委員会に尋ねた – 特に時折基づいて乗り物を提供しようとする人のために。ドライバは、郡のライセンスと初期ビジネスライセンスアプリケーションのための$ 45の一度だけ料金のため、毎年、州のビジネスライセンスの年間$ 25 $ 200支払う責任となります。

後期火曜日、ネバダ州上院院内総務マイケル・ロバーソン、R-ヘンダーソンは、声明の中で言って、議論に参加して、「今日、クラーク郡委員会は強力な特別な興味を保護するために州法を無視することにしました。

「県委員会は違法である、それが何をしたか知っている必要があります。州法の言語が明確であり、立法顧問事務局はすでに郡委員会は、それが今やっていることを行うことができなかったことを平易な用語で説明する法律意見を出した。なし問題。単一の特別な関心の好意と100万ドルのお金のグラブの見通しはあまりにも魅力的でした。」

ユーバーライバルLyftも拒否された提案がありました。

ケリー・ケイ、Lyftための事業運営の副社長は、50の乗り物がドライバによって提供された後にのみライセンスを必要とする要求で11月2日手数料を電子メールで送信しました。ケイは多くのドライバーが適用されますが、それを試した後駆動についての彼らの心を変更すると言ったので提案がなされました。ケイは、ドライバが動作することを可能にする前に、免許を必要とするため、経済的負担の申し込みから将来のドライバを阻止すると述べました。

南ネバダのタクシー業界の代表はまた、委員に対処条例を承認するためにそれらを奨励します。

ベル交通の代表、イエローチェッカースター、砂漠キャブとキャブは急成長しているライド出身業界にいくつかの地元の監督を提供するために条例を承認する委員に尋ねました。

多くの契約したドライバーは彼らのためにどのように機能するかユーバーとLyftは一般に公開されていません。

条例の審議の前に公聴会の間のポイントのカップルでは、委員長スティーブSisolakが質問にその答えに回避されるの交通ネットワークの会社の代表を非難しました。ある時点で、彼は地元政府と企業の関係は「クラーク郡の恥ずかしされています。」と述べました

長官ラリー・ブラウンはそれがユーバーがために、郡との相互作用を考慮したことが表示されていることを追加 “迷惑”。

カテゴリー:インターネットカジノ

フリーモントストリートの天蓋の下に新しいルールに限定ストリートパフォーマー

彼は崖を降りるいたようショーン・スコットは、円の中に辞任しました。

彼のマイクをチェックし、好奇心の観客を集めての希望で先端の瓶を設定し、急いでシャッフルトランプ – 魔術師はすぐに戻って彼のいつものルーチンに、近くの端末速度で、その後、一歩、その後、別のを取っ落としました。

だから、スコットと他の大道芸の数十は、舗装にポーカーチップのように見えるように描かれ、およそ3ダース6フィートのサークルに大道芸人を制限する新しいラスベガスの条例に気づきません自分のベストを尽くしたフリーモントストリートエクスペリエンスキャノピー火曜日の夜、下行きました。

最初の9月に市の指導者によって採用された条例に基づき、必要に応じて静かに、彼らの “パフォーマンスゾーン」ごとに2時間の内外に回転五ブロック歩行者天国に散らばっ新しく登録された大道芸人。

彼らはまた、他の大道芸から都市によって義務付けられた40フィートのバッファと同様に、フリーモントのオーナー主催のコンサートから100フィートの分離を維持するために管理。

セキュリティスタッフは少ないがぶつぶつなし偉業を管理しても演奏はすべて、メッセージを表示せずにそのようにしたと述べました。

スコットと他の大道芸人は月曜日に市が発表したランダム化されたパフォーマンスゾーン抽選の下でそれらに割り当てられたスポットには発言権を持っていません。

彼の最初の割り当ては、フリーモントストリートエクスペリエンス、公的資金による歩行者モールを運営する民間企業に雇われ熱狂的なサックス奏者のフィート以内に彼を置きます。

彼はグリッターガルチ外耳障りコンサートのステージの近くに位置し、彼の第二のポーカーチップと同じように不運を持っていました。

ネバダ州のストリートパフォーマーやアーティストの他のメンバー、街頭ミュージシャン擁護団体と相談した後、スコットはブロックほど南に1番街の静かな、空いているパフォーマンスのゾーンに移動することを決めました。

この動きは、条例の下で完全に合法でした。スコットはちょうど彼がそれを作るために持っていなかったことを望みます。

「私は場所を選択するオプションを持っていた場合は、私が持っているだろう “と彼は言いました。 「私の思い出から、それは(市役所で)語られました。

「それはまだ残っている唯一のものだ – 。スポットを選択することができることそうでなければ、私はそれぞれの場所に歩いて30分を費やしています。」

論争年

ラスベガスの指導者とカジノの常連客は、長いスポットをbuskingにわたってその時々スケベ衣装、時には暴力的な縄張り争いのための大道芸を批判しています。

出演者も積極的にヒントを勧誘し、あまりにも多くのノイズを作るためにノックされています。

だから、火曜日の夜フリーモントの歩道の内側を覆う警察、市のマーシャリングおよびニュースの乗組員は、ラスベガス「ずっと前評判の高い新条例、パブリックコメントの3つの独立した市民集会、時間を特色とmonthslongの妊娠期間後にのみ採用されたものとrowdier応答を期待するために許されるかもしれません努力の後ろにいくつかの大道芸人、カジノオペレーターとネバダ州のアメリカ自由人権協会を揃える助けたいくつかの法律や物流の調整。

市は最終的にACLUによって大道芸人に代わって提出された第一修正の挑戦を失う、フリーモントストリートオフ大道芸とpanhandlersをバウンスする以前の、大胆な試みを守る法廷で十年以上過ごしました。

控訴の第9回米国巡回裁判所は三度フリーモントは、言論の自由の保護に公開フォーラムの主題である支配しました。

ライオンフラッド、約一年のためにフリーモントに取り組んできました魔術師のような出演者は、彼らは街のルールに慣れてきたと述べた少なくとも20フィート離れて入り口を構築するからそれらを保つの規制を含め、過去数年にして逃げることができたと10フィート離れた台のATM、小売キオスク、火災レーンと横断歩道から。

フラッドは、彼らはすぐにフリーモントの調教で街の最新刺しに慣れましょう疑います。

そうでないものは、彼は言った、ままにします。

EXODUS EXPECTED

人気の腹話術スカーレットレイワットのようないくつかの演奏は、すでに彼らは近くのカジノの所有者に裏打ちされた言論の自由に対する攻撃として何を参照してください理由に、別の都市を残しています。

他のものは、ブランドン・サマーズのようなミュージシャンが彼らの収入を脅かすフリーモントの出演者の流入を恐れるストリップ、上の通りの文字の蛇行キャストに参加することが期待されます。

まだ他には、ランダムに38 buskingスポットの一つで、タイムスロットに火曜日の登録パフォーマーのそれぞれを割り当て、毎日宝くじシステムとの運をしようと、それを固執します。

市は、システムがプライムパフォーマンススペースの大道芸人「時々必死jockeyingを削減することを期待しています。

大道芸人は、それが唯一のすべてのタイムスロットとランダムに割り当てられたパフォーマンスゾーンに簡単に不正闇市場を作成しながら、問題を悪化させる恐れています。

buskingサークルに市場コーナリングを期待して登録アカウントの – おそらく数十または数百を – 出演者は、複数作成するには、いくつかの悪質な大道芸人のためにドアを開いたまま、街の日常宝くじに登録する自分の名前を与えるために必要とされていません。

市弁護士ブラッドイェルビチは、市がこのようなシステムの改ざんを防止するための計画を持っていると述べたが、10月中の大道芸人との会合で、これらの取り組みの詳細を提供するために減少しています。

月曜日の抽選のために登録された120以上のパフォーマー。これらの大道芸人の3分の1が充填されていない演奏に使用可能なタイムスロットのほぼ4分の1を残して、火曜日の夜作業するスペースを求めました。

市の広報担当者は非常に少ない大道芸人が条例のオープニングの夜の抽選のためにオプトインなぜ彼がわからないと言ったが、それは寒さとは何かを持っている可能性が推測しました。

メトロポリス、ラスベガスの街のマーシャリングおよびフリーモントストリートエクスペリエンスのセキュリティスタッフそれぞれがフリーモントストリートに禁止された街頭ミュージシャンの動作の異なる側面をいくつかの管轄権を有します。

イェルビチは、市は、今後数週間にわたって、その条例の施行の「軽いタッチ」を適用する予定だと述べています。

カテゴリー:オンラインカジノ比較

ネバダ州知事ブライアン・サンドヴァルは明るい観光トークを実現

ブライアン・サンドヴァルが今まで彼の知事ギグの疲れを取得した場合、彼は簡単にネバダ州の状態を促進する仕事を並べることができます。

サンドバルは、部品お礼ヒルトンレイクラスベガスで火曜日に約300の彼のグローバル観光サミットに出席する祝賀発言に注意して、部品、部品叱咤激励したスピーチを発表しました。彼はまた、彼は州の20の州立公園に彼の旅行で撮影した写真のスライドショーで投げました。

“あなたはすべて私達の状態の可能性を認識し、私はあなたに感謝し、”サンドヴァルは、群衆に言った、最高のシルバーステートを世界に招待する方法を中心としたパネルやプレゼンテーションの2日間集まりました。

労働力の約29% – サンドヴァルは、彼は観光産業で働く約474000状態住民の感謝です。

“あなたはすべての国際大使だと、すべてのジョブが重要である、”と彼は言いました。

サンドバルはアイルランド、イングランド、ポーランド、ドイツ、イタリアへの彼の貿易使節団の彼が持っていたあらゆる機会今年初め、彼は訪問者が見ることができることのいくつかについて話をすることをことを説明、状態のための国際親善大使としての彼自身の経験の語りましたネバダインチ

「私は「あなたがネバダ州またはラスベガスに行ったことがありますか?」と言うだろう彼らは常にはっきりと応答する「はい、 ‘”と彼は言いました。

ヨーロッパでの彼の連絡先のほとんどは、ラスベガスの明るい光について何かを知っていたしながら、しかし、彼の最高の物語のいくつかは、彼らが農村ネバダ州で体験できることのいくつかについてでした。

「私たちはアメリカの孤独道路、USハイウェイ50を有しており、すべてのこと孤独についての何かがあるのです」と彼は言いました。 「私はグレートベースン国立公園で私の家族キャンプを取った、エリーに旅行をしたと私は時間のために別の車を見ていない道路に乗った。そして。それはあなたが出ているときだけで星を見ることは素晴らしいことですそこ。”

サンドバルは、最初のオフィスを取ったとき、彼はすべての州の公園を訪問するための努力に着手しました。彼は絶えず隅々の周りに美しく頑丈な風景を見て驚きましたにもかかわらず、それはほとんど彼につかんだ場所ではなかったです。

“私はの最も誇りに思っていることはあなたが出会った人、そこにいるキャラクターとあなたが聞く話である、”と彼は言いました。

その実現には、観光の新しいマーケティングプログラムにネバダ州委員会と一致する、最初のロサンゼルス、サンフランシスコ、フェニックス、ソルトレイクシティボイシ、アイダホ州で月曜日放映のテレビスポットで発表しました。

観光局は月曜日に初めて広告を見ましたが、イベントに参加する人のほとんどは、彼らの最初の一見火曜日を取得するつもりでした。

前回のキャンペーンとは異なり、新しい広告が印象的な景観にこだわるのではなく、旅行者が状態への旅行で遭遇する話や経験上ありません。

「私はそれを住んでいるので、私は物語のこれらのタイプの巨大な信者だけど、「サンドバルは述べています。 「そして、私はあなたにもあなたの心からのネバダを販売できるようにしたいです。」

グローバル観光サミットは、ブラジル、メキシコ、韓国、ネバダ州の最新の焦点市場、インドに拠点を置く状態の国際代表との会談出席者と火曜日の午後に集まった。

カテゴリー:ネットカジノ

フォックススポーツは2ラスベガス大学バスケットボールトーナメントを購入

フォックススポーツは、内蔵のオリジナルコンテンツ休日の間、ここで上演されている2つの大学バスケットボールのトーナメントを購入することで、ラスベガスで放送することが保証されています。

ネットワークは、オーリンズアリーナで、12月22日と23に設定され、オーリンズアリーナで11月26日と27に予定されているコンチネンタルタイヤラスベガスインビテーショナル、およびコンチネンタルタイヤラスベガスクラシックを購入しました。

フォックススポーツは、FS1のバスケットボール大会を放送するだけでなく、チームの選択、チケット販売とスポンサーシップを処理しません。フォックススポーツはトーナメントでプレーするために将来の大学を誘致するために、大学の会議やチームとのビジネス関係を使用します。

フォックススポーツは、2014年に2大会を放送していました。

今、ネットワークは、それらを所有しています。

財務的条件は明らかにされていません。

「これは新しいです。私たちは、大学が大好きです。私たちは、大学でより複雑になりたい。これは、学校との関係を深め、「ダン・シェル、ロサンゼルスフォックス大学スポーツのプロパティの副社長は語りました。

「これは理にかなっているビジネスモデルで私たちのネットワークにコンテンツを配信し、「シェルを発表しました。 「これは、大学のスポーツにポートフォリオを拡大。 ”

フォックススポーツはすでにビッグイースト大学バスケットボールゲームをブロードキャストし、また、パックマン12、ビッグ12サッカーの試合を放映する権利予約されています。

フォックススポーツはトーナメントを取得するために今年初めにラスベガス大会社との契約に閉鎖。ラスベガスの大学バスケットボールのトーナメントを組織に取り組んできましたクリス・スペンサーは、フォックススポーツイベントの実行を支援する上で推移しています。

「それは私達が前にやったことがない事業なので、私たちは外部の助けを雇うだろう、 “シェルは述べています。 「私たちは、チケットベースの成長を願っています。」

フォックススポーツは、過去5年間のタイトルスポンサーとなっているコンチネンタルタイヤ、とトーナメント「タイトルスポンサーを継承し、アマンダ・ヘンソン、フォートミル、サウスカロライナ州に拠点を置くコンチネンタルタイヤマーケティングビジネスマネージャーは言いました

コンチネンタルタイヤ、28大学バスケットボールプログラムとのパートナーシップとブランドは、参加校で卒業生を対象とするためにゲームを使用して、ヘンソンが発表しました。彼女は、ネットワークがバスケットボールのトーナメントを購入する前であっても、コンチネンタルタイヤはすでにフォックススポーツとの仕事上の関係を持っていたと指摘しました。

来週のコンチネンタルタイヤラスベガスインビテーショナルは、カリフォルニア州、ウェストバージニア州、サンディエゴ州立リッチモンド含む8チームを備えています。

コンチネンタルタイヤラスベガスクラシックもコロラド州、南メソジスト、ペンシルベニア州立大学とケント州立など8校を備えています。

スポーツネットワークは、スポーツイベントを所有することが一般的です。ロイヤルパープルラスベガスボウル、またESPNによって放送されている他の大学フットボールのボウルゲームを、所有しているESPN、と証言します。

“我々は、ラスベガスの一部であることに興奮している。それはスポーツに成長している、「シェルは述べています。 「私たちはそのほんの一部であるためには、フォックススポーツのためにエキサイティングです。」

カテゴリー:オンラインカジノ スマホ

オンラインカジノ(online casino)は、インターネットを通じてプレイするカジノゲームのことである。

オンラインカジノ(online casino)は、インターネットを通じてプレイするカジノゲームのことである。

目次 [非表示] •1 違法性について •2 ソフトウェアのダウンロードとインストール ◦2.1 ダウンロード ◦2.2 インストール
•3 オンラインカジノを始める ◦3.1 無料でできるプレー ◦3.2 実際にお金を賭けるプレー ◾3.2.1 有料アカウント会員登録 ◾3.2.2 入金 ◾3.2.3 出金 ◾3.2.4 通貨の選択
•4 オンラインカジノにあるゲームの種類 •5 脚注
違法性について[編集]
この節は特に記述がない限り、日本国内の法令について解説しています。また最新の法令改正を反映していない場合があります。ご自身が現実に遭遇した事件については法律関連の専門家にご相談ください。免責事項もお読みください。
ライセンスはギャンブルが認められている国で得ていて、サーバーもそれらの国で運営している。日本の刑法における賭博罪には国外犯の適用がないため、日本人が日本国外においてオンラインカジノをプレイしたとしても、日本国の法律にに基づき処罰されることはない(刑法第2条、刑法第3条)。しかしながら、日本国内から日本国外のオンラインカジノで賭けをした場合の可罰性については、日本では付随的違憲審査制を採用しているため、裁判所は判断を行っていない。
しかしながら、刑法理論上、共同正犯理論を論ずる前に、賭博罪(刑法185条本文)または常習賭博罪(刑法186条1項)の実行行為の着手が認められるため、日本から日本国外のオンラインカジノで賭けを行うことは違法となることは間違いない。そのため、日本から日本国外のオンラインカジノで賭けを行うことは、絶対に避けるべきである。
違法性についての話ではないものの、他方で、プレイヤーの口座の残金を減らしたり、サポートに応じない、あるいはオンラインカジノが突然消えてしまうなど、悪質なカジノなども多数存在し、問題となっている。そのため、たとえ違法でないとしても、日本国から日本国外のオンラインカジノで賭けを行うことは、非常にリスクの高い行為であるといえる。
ソフトウェアのダウンロードとインストール[編集]
ダウンロード[編集]
ダウンロードはオンラインカジノの各ソフトのホームページからダウンロードができる。
インストール[編集]
インストールは、プログラムファイルをダウンロードして利用する言語を選び規約に同意した後、プログラムに必要なファイルを入れる場所を選択しインストールする。
オンラインカジノを始める[編集]
多くのオンラインカジノには無料でできるプレーと実際にお金を賭けるプレーの2つのゲームコーナーが設けてある。目的にあったプレー方法を選ぶ必要がある。
無料でできるプレー[編集]
一般的に必要事項を入力後すぐに始められるゲームコーナーである。(2回目以降はログインで始めることができる。)ゲームに勝利してもお金はもらえないが、ゲームに負けても損することはない。架空のお金がなくなっても、ロビーに戻ったり、キャッシャーでチャージをすれば無料で架空の口座に入る。尚、一部のオンラインカジノでは、プログレッシブジャックポットを設けたゲームができないようになっている。このようなプレーを特に「無料プレー」、「プレイファン」などと言うことがある。
実際にお金を賭けるプレー[編集]
一般的に無料でできるプレーより、必要事項が多い。無料でできるプレーにはしないこともする。このようなプレーを特に「有料プレー」、「リアルプレー」などと言うことがある。このプレーをするためにすることは次のようになっている。 •有料アカウント会員登録 •入金 •出金 •通貨の選択
有料アカウント会員登録[編集]
これは、1回目のみする必要がある。それも「無料でできるプレー」より、必要事項が多い。必要事項はパスワードから電話番号や住所までといった多くの情報を入力する必要がある。
入金[編集]
入金とは、オンラインカジノの口座にお金を入れることである。オンラインカジノでは、複数の入金方法に対応している。その例は次のとおりである。 •クレジットカード •NETeller •電信送金
オンラインカジノによっては、入金方法がこの他にもある。
出金[編集]
出金とは、オンラインカジノの口座からお金を引き出すことである。これもオンラインカジノでは複数の出金方法に対応している。
通貨の選択[編集]
入金や出金の為に、その通貨を選択する必要がある。基本的に米ドル、ユーロ、ポンドが多い(一部では日本円も選択できる)。
オンラインカジノにあるゲームの種類[編集]
以下のゲームはオンラインカジノで提供されるゲームの一例である。 •キノ •クラップス •スロットマシン •大小 •バカラ •ビンゴ •ブラックジャック •ポーカー •ルーレット

カジノ (casino) は、賭博を行う施設の一つ。ルーレットやブラックジャックなどのゲームで金銭を賭ける場所。日本で言う賭場[1]。
語源は家を指すイタリア語の「Casa」[2]に縮小の語尾「-ino」が付いたものである。言語により「カジノ」あるいは「カシノ」と発音される。語源のイタリア語では基本「カジノ」、フランス語、ポルトガル語なども「カジノ」。スペイン語や英語では通常「カシノ」と発音される。ドイツ語のように地域によってsの発音が異なる場合など、どちらもあるいはその中間もありえる。(同一表記を採用していても表記された文字と発音の関係が言語によって異なるためで、表記優先の例。日本語「カジノ」は音を表記。)

目次 [非表示] •1 歴史 •2 各国の状況 ◦2.1 ヨーロッパ ◦2.2 アメリカ ◾2.2.1 アメリカ合衆国 ◾2.2.2 ラテンアメリカ
◦2.3 アジア ◾2.3.1 日本 ◾2.3.1.1 カジノを誘致している都道府県
◦2.4 その他
•3 カジノで行われるゲーム •4 コンプ •5 カジノの記録 ◦5.1 面積
•6 脚注 •7 参考文献 •8 関連項目 •9 カジノが出てくる作品 ◦9.1 映画・ドラマ ◦9.2 ゲーム・アニメ
•10 外部リンク
歴史[編集]

1800年代を舞台としたカジノ内の絵

カジノは、客を誘い込むような派手な建物が多い 「賭博」も参照
カジノはヨーロッパ起源とされる。ルイ15世の時代にフランスにおいて、カジノの元となる上流階級向けや庶民向けの賭博場が広まった。フランス革命によって王政が倒れると、賭博に対する制限が無くなり更に流行したが、総裁政府の時代には賭博場を公認としてコントロールしつつ、課税するようになった。ナポレオンは賭博規制を行った。第三共和政の1907年に合法化された。
イタリアでは1638年に世界最古と言われるカジノ・ディ・ヴェネツィアが作られた[3]。
ドイツでは保養地のバーデン=バーデンに最古のカジノができた。後発のヴィースバーデンのカジノは1771年設立という記録が残っている。イギリスには継続営業中のカジノとしては世界最古の「クロックフォード」が現存する。モナコでも19世紀にカジノが広まった[4]。
アメリカでは1931年にネバダ州で合法化され、1940年代にはラスベガスがカジノの町として急速に発展した。1960年後半から1970年代になるとスペイン、オランダ、オーストラリア、南アフリカ共和国、ケニア、セネガル、アメリカのニュージャージー州などで合法化され新しいカジノが作られた[5]。
1960年代以降、ラスベガスでは装飾や建築物を1つのテーマに合わせたテーマカジノが建設され、家族連れや地元客をターゲットにした新しいカジノが発展した。ショーやリゾート施設といったエンターテイメントとの融合施設が主流となっている。カジノゲーム自体では他社と差別化が図れないのがカジノビジネスの欠点であった。しかし、エンターテイメントショーで自社に顧客を集め、たとえエンターテイメントショー自体が赤字でも、ギャンブルから収益を得るビジネスモデルが一般化している。
その後、カジノは120ヶ国以上で合法化されており、国によって制限内容は大きく異なる。世界で2000軒以上のカジノが存在し、観光資源の1つとして競争が行われている[6]。1950年代のラスベガスに代表されるように非合法組織の関与は大きな問題とされ、それに対抗する規制強化が行われてきた。1990年代後半にはマカオにおいて、カジノを巡る抗争が激化した[7]が、現在は沈静化している[8]。
各国の状況[編集]
ヨーロッパ[編集]
ヨーロッパでは格式の高いカジノがあり、ネクタイ着用など服装が定められている場合が多い。イギリスには126軒のカジノがあり、主要都市に分散している。18歳以上限定の会員制で、会員になるためには申請後24時間待たなければならない等の規制がある。ドイツのバーデン=バーデンなどのカジノはその歴史から名所の1つになっている。それ以外に第二次世界大戦後に新設されたカジノも存在する。フランスには小さいものを含めれば160軒以上のカジノが存在し、カンヌやニースの高級ホテルの近くには一流のカジノがある[4]。
その他、モナコのモンテカルロには1863年開業のグラン・カジノをはじめとして4つカジノが集中している。イタリアのヴェネツィアには大衆向けカジノの他に、大運河沿いにヨーロッパで最も格式が高いカジノがある。ポルトガルは8つのカジノがあり、かつては上流階級が集う社交場だったが、カジノを禁止していたスペインが1977年に合法化すると客足を奪われた。スペインには25軒のカジノがあるが大都市では禁止されている。オランダにあるスキポール空港のカジノは世界初の空港カジノとして注目された。ベルギー、オーストリア、マルタ、スウェーデンにも小規模なカジノが存在する。デンマークは1991年、スイスは2000年から合法になった[4]。
アメリカ[編集]
アメリカ合衆国[編集]
カジノの扱いは州によって異なり、10の州では合法とされているが3つの州(アーカンソー州、ハワイ州、ユタ州)ではカジノに限らず一切のギャンブルが禁止されている[9][10]。
ラスベガスは、1931年にネバダ州がギャンブルを合法化してから、カジノの町として急速に発展した。当初は銀行が融資を避けた為、複数の犯罪組織が資金提供や乗っ取りを行って経営に関与し、組織間の抗争まで行われた。
1959年にカジノのライセンスを管理するゲーミング・コミッション(Gaming Commission)とゲーミング管理委員会(GCB・Gaming Controle Board)が設立され、「犯罪に関わりのある人物の排除」や「マネーロンダリングに対する厳しい取締り」を行うことで、犯罪組織の影響を払拭した[11][12]。2000年の統計では、ネバダ州のカジノ全体の収益は96億ドル、国内で1位である[9]。
ニュージャージー州では、1976年に保養地のアトランティックシティ限定でカジノを合法化した。ラスベガス以上に厳しい規制があることから、カジノは12軒(2000年時点)と小規模だが、ニューヨークなどの大都市が近いため、年間3800万人が訪れ、1軒あたりの収益率は高い[9][13]。
1980年代前半まで、アメリカ国内でカジノが合法化されていたのはネバダ州とニュージャージー州だけだったが、1980年代後半から他の州でも合法化され、ミシシッピ州のチュニカ(Tunica)のように経済発展する地域が生まれた。インディアナ州やアイオワ州などでは船上にカジノが作られ、クルーズしながら或いは桟橋に繋いだままゲームが行われている[14]。
上記以外に、インディアン自治区におけるカジノ(インディアン・カジノ)が存在する。いくつかの自治区が、チャリティ等の目的限定で合法化しているビンゴについて制限を守らなかった事で州に訴えられたが、自治区では州の禁止には従うが、「規制」には従う必要が無いと主張し、認められた。 自治区における賭博のルール作りのため、1988年にインディアン賭博規定法令(Indian Gaming Regulation Act)が定められた。この法により、州と自治区の間で事前に協議が必要になったが、禁止されていないゲームについてカジノを開くことが認められた[15]。
1992年に開業したコネチカット州のフォックスウッズ・リゾート・カジノが成功すると、他の州の自治区でもカジノが建設され、2000年時点でインディアン・カジノは24以上の州に存在し、全体の利益は、ネバダ州を上回る約100億ドルと推測されている[16]。
ラテンアメリカ[編集]
アルゼンチンには南米最大のカジノ、セントラル・カジノをはじめとして23のカジノが存在する。その他にコスタリカ、ホンジュラス、パナマ、チリ、コロンビア、エクアドル、パラグアイ、スリナム、ウルグアイにもカジノが存在する。ブラジル、ペルー、ボリビアでは非合法とされている[17]。
カリブ海諸国では観光資源の1つとして新しいカジノが建てられている。さらに税法上などの点から、インターネットを使用したカジノの企業が拠点としている。ただしアメリカ合衆国等、法律でインターネット上のギャンブルを禁止している国から利用した場合は違法になる[18]。
アジア[編集]
ポルトガルから中国に返還されたマカオには元々カジノが存在したが、2001年から外国資本を導入したことでカジノ都市として急成長し、ラスベガスを上回る利益を上げる程に成長した。
その他にマレーシア、フィリピン、ネパール、韓国は比較的早い段階からカジノを認め、利益を上げている。特にマレーシア・ゲンティンハイランドのカジノは1978年開業で人気が高い。フィリピンのカジノは地元客が多いが、韓国のカジノは旌善郡にある江原ランドを除き外国人専用で、日本に一番近いカジノ合法国であったことから、客の9割が日本人であった[19]。しかし、近年は中国人観光客の急増により、客の大半が中国人である[20]。
上記の国に追従する形で、インド、スリランカ、カンボジアでも合法化され新たにカジノが建設されている。シンガポールも2005年にカジノが合法化され、2010年2月にセントーサ島に複合レジャー施設と共にオープンした。
日本[編集]
2014年12月現在、刑法185条および186条(賭博及び富くじに関する罪)において賭博行為が禁止されているため、国内でのカジノの設置は認められていないものの、海外のカジノで一般的に行われている遊技自体が禁じられているわけではない。 風俗営業法の第2条第8号に定義される営業(通称:第8号営業)として、景品や金銭と交換出来ないチップやメダルなどの遊技媒体を用い、客がカジノ的な雰囲気を楽しむカジノバーやメダルゲーム場などの営業を行うことは妨げていない。しかし、これを隠れ蓑として賭博を行う者も存在し、たびたび摘発されている[21]。またそれら違法営業の中には、パチンコ・パチスロ機を用いた業態も現れている。外交特権を隠れ蓑とし、外交官宅などに違法カジノが設置される事例もあるが、2010年に元駐日コートジボワールの外交官の関連施設が、2014年には駐日ガーナ大使の自宅が摘発を受けている[22]。
また、インターネットを使って国外のオンラインカジノを国内から接続してプレイすることも可能となっており、現在のところ、これが違法であるという判例はなく、グレーゾーンとされているが、オンラインカジノを客にプレイさせて換金行為を行っていたインターネットカフェは賭博罪の容疑で摘発[23]されており、今後オンラインカジノの法整備が行われ、国外のオンラインカジノをプレイして摘発される可能性もある。
21世紀初頭時点では、一部の地方自治体の中には、カジノの許可権限やカジノによる税収や経済効果を求め、構造改革特区を目指す動きがある。 石原慎太郎(当時東京都知事)や猪瀬直樹(石原の後任)、自民党の一部の議員は、「国際観光産業振興議員連盟」(カジノ議連)を結成して合法化を求めているが、国会による法改正を必要とすることなどの事情があるため、実現には至っていない。
2013年12月、自民・維新・生活の3党と無所属議員の一部は「特定複合観光施設区域整備推進法案」を提出した[24]。
日本共産党や社会民主党など一部の政党は、ギャンブル依存症の拡大、青少年への悪影響、治安悪化、暴力団などの犯罪組織の資金源になるなどの恐れを理由として、カジノ自体に反対している。そんな中、2012年7月25日からハウステンボスの子会社「HTBクルーズ」が、長崎~上海間で運航する国際旅客船「オーシャンローズ」にて、公海上限定でカジノの営業を行なっている。
カジノを誘致している都道府県[編集] •北海道 •秋田県 •東京都 •石川県 •静岡県 •愛知県 •大阪府 •徳島県 •長崎県 •宮崎県 •沖縄県
この他に市町村レベルで「統合リゾート誘致協議会」「カジノ誘致協議会」「ベガスを創る協議会」が11箇所に、またこれらの連絡団体として「全国カジノ誘致団体協議会」が存在する。
その他[編集]
長期航海を行う大型クルーズ客船にカジノが設置されている場合が多い。日本籍の船にもカジノと称する施設は設けられているが、船籍に基づき日本法が適用されることから、カジノ本来の行為はできず、換金できないチップなどを賭けたカジノの「真似事」に終始している。外国籍の場合は、領海外に出てから賭博を開始する。
カジノで行われるゲーム[編集]
詳細は「カジノゲーム」を参照
カジノでおこなわれるゲームはカジノゲームともよばれている。
コンプ[編集]
一般的にカジノでは、多額の賭け金を使ってくれる上客(high-roller)を囲い込む目的から、カジノでの飲食代や併設のホテルの宿泊費等を無料にする(もしくは割り引く)、ホテルの部屋のランクを無料でアップグレードするといったサービスを行っているところが多く、これを通称「コンプ」(complimentaryの略と言われる)と呼ぶ。中にはカジノの所在地までの渡航費を全てカジノ側が負担するといったケースもある。また、本来何年も予約待ちとなっているホテル内のショーを予約なしで見られたり、VIP客専用の窓口により並ばずにチェックイン・チェックアウトや換金などの各種手続きができる、といったサービスもコンプに含まれる。
かつて、コンプは一部のハイローラー向けにのみ行われるサービスとして扱われ、その実態は不透明なものであった(実際は、ハイローラーが多額のプール(カジノホテルへの預け金)を積んだ特典か、スロットマシンで100万ドル超のプログレッシブ・ジャックポットを射止めた客への副賞として提供されていた)が、近年はラスベガスなどにおいてコンプの透明化を目指してポイントサービスによるコンプを提供するカジノが増えている。この場合1回当たりの賭け金とカジノでのプレイ時間を元にポイントを算出し(ギャンブルでの勝ち負けは関係なく、あくまで概算でいくら賭け金を使ったかのみが評価されるものが多いが、一部にはスロットマシン等の投入金額ではなく、払出し金額に対してポイントが付くカジノもある)、客側はそのポイントの範囲内でコンプの内容を自分で選ぶことができる。
但し、コンプは本来あくまでカジノの善意で行っていることであり、システム化することで裁量の介在する余地が少なくなり[25]、戦略的に運用することが出来なくなることで本来の意味がなくなりつつもある。
また、同様のサービスはオンラインカジノでも行われており、さまざまな形で「ボーナス」と呼ばれるチップを提供していることも多い。しかし、これらのボーナスチップは受け取り後、有効(使用可能な状態)にするため一定期間内に一定額の賭けを行わなくてはならなかったり、ボーナスチップを賭けには使用できるが引き出すことができない(プールに必ずボーナスチップが残るように引き出さなければならない)などの制約が多く、このような不自由を嫌うため、あえてボーナスを受け取らない客もいる。
カジノの記録[編集]
面積[編集]
面積が広いカジノは世界的に見てアメリカに多く、世界一の面積を誇るカジノもアメリカにあったが、近年、マカオにその座を取られた(資本はアメリカの大手リゾート会社)。現に2006年のカジノ収益は、マカオがラスベガスを抜き、第一位になった。下記を参照。2~4位はアメリカで、フィリピンなど新規にカジノを作る際は、資本だけでなく運営ノウハウも提供している。 •世界1位 – ベネチアンマカオリゾート(約51,000m²) ※東京ドーム1個分に相当。 •世界2位 – テキサスステーションカジノ(約25,000m²) •世界3位 – フォックスウッズ(約18,000m²) •世界4位 – MGMグランド(約16,000m²)
脚注[編集]
[ヘルプ]
1.^ 「賭場」は厳密には丁半を行なう場なので完全に同一かは微妙でもある。 2.^ (谷岡 2002) 52頁 3.^ “Venice Casino – History (html)”. 2010年6月12日閲覧。 4.^ a b c (黒野 2004) 24-32頁 5.^ (黒野 2004) 34-45頁 6.^ (中條 2007) 143頁 7.^ “香港に続くマカオの中国返還|日本総研 (html)”. 2010年6月13日閲覧。 8.^ “海外安全ホームページ (html)”. Ministry of Foreign Affairs of Japan. 2010年6月13日閲覧。 9.^ a b c (谷岡 2002) 28-36頁 10.^ (谷岡 2002) 70-71頁 11.^ (黒野 2004) 56-59頁 12.^ (中條 2007) 87-91頁、106-114頁 13.^ (黒野 2004) 67-76頁 14.^ (谷岡 2002) 81-91頁 15.^ (谷岡 2002) 46-47頁 16.^ (谷岡 2002) 76-79頁 17.^ (黒野 2004) 40-43頁 18.^ (谷岡 2002) 97-102頁 19.^ (黒野 2004) 43-45頁 20.^ 韓国の免税店、中国人観光客向けに瀋陽マンションを景品に 21.^ 六本木のバカラ賭博店摘発、13人逮捕 22.^ “「ガーナ大使公邸」は違法カジノだった!! 「外交特権で捕まらない」が誘い文句 大使は逃げるように帰国”. 産経新聞. (2014年4月12日) 2014年4月13日閲覧。 23.^ 賭博ネットカフェ摘発 海外とオンライン 客ら9人逮捕 栄 24.^ 自民、維新、生活の3党がカジノ法案提出 産経新聞 2013年12月6日 25.^ スロットマシンなどでは機械的にポイントが付与されてしまうため。ただしテーブルゲームなどでは、コンプの付与は現在も最終的にはフロアマネージャーの判断によるため、裁量による部分は依然少なくない。
参考文献[編集] •谷岡一郎 『カジノが日本にできるとき』 PHP研究所、2002年。ISBN 4-569-62364-6。 •黒野十一 『ザ・カジノ完全ガイドブック』 新潮社、2004年。ISBN 4-10-418802-6。 •中條辰哉 『日本カジノ戦略』 新潮社、2007年。ISBN 978-4-10-610226-4。
関連項目[編集] •カジノが合法化されている国一覧 •カジノゲーム •オンラインカジノ •統合型リゾート •国際観光産業振興議員連盟
カジノが出てくる作品[編集]
映画・ドラマ[編集] •カジノ (1995) – アメリカ合衆国の映画 •ラスベガスをぶっつぶせ (2008) – アメリカ合衆国の映画 •ラスベガス (2003-) – アメリカ合衆国のテレビシリーズ •天使にラブソングを2 – アメリカ合衆国の映画 •007カジノ・ロワイヤル - アメリカ合衆国の映画 •オーシャンと十一人の仲間(1960) – アメリカ合衆国の映画 •オーシャンズ11(2001) – アメリカ合衆国の映画 上記のリメイク •オーシャンズ13(2007) – アメリカ合衆国の映画 •オールイン 運命の愛
ゲーム・アニメ[編集] •Rioシリーズ(2003) – パチスロ •Rio RainbowGate!(2011) – アニメ •グランド・セフト・オート・サンアンドレアス(2004) – ゲーム •ルパン三世 カリオストロの城(1979) •ドラゴンクエストシリーズ(4・5・6・7・8・10)

カテゴリー:ジパングカジノ